A Homage to Serenity Kazuya Sudo explores the creative possibilities of the new Thambar-M lens

The classic soft-focus Thambar-M lens from 1935 was designed to provide a romantic aesthetic unlike any other Leica lens. Over 80 years later, Japanese photographer Kazuya Sudo takes the new remake of the Thambar-M 90 mm f/2.2 and captures not only the essence of this aesthetic but also the inimitable sense of serenity present in much of traditional Japanese culture. The latest addition to the Leica M-System lens portfolio is a finely crafted creative tool with the power to evoke an emotional response through its manipulation of light and focus. We caught up with Kazuya Sudo to ask him about his experience shooting with the new Thambar-M and what he wanted to communicate with these images.

Discover the new Leica Thambar-M

How did you first get into photography?

I met a kabuki photographer during my college days in Kyoto. My experience on the stage piqued my interest in the charm of capturing a single moment in a photo.

写真に興味をお持ちになったきっかけは何ですか?

京都での学生時代に歌舞伎役者の写真家と出会いました。

舞台での経験がきっかけで、一瞬を切り撮る写真の魅力に興味を持ちました。

When did you start shooting with Leica cameras and how has your relationship to the brand evolved?

The first Leica I used was a Leica M4. After the Leica M-P, I now shoot everything on the Leica M10.

When the Leica Store Kyoto opened in March 2014, I made use of my connection with the brand and created a concept video. During that process, I could relate to Leica’s manufacturing process and I now shoot primarily on Leica. I’ll never forget the sense of elation I felt the first time I experienced shooting with a Leica.

いつ頃からライカのカメラを使って撮影されるようになったのでしょうか?また、ライカとの関係はどのように進展していきましたか?

ライカのカメラは、ライカM4を初めて手にしました。その後ライカM-Pを使用し、今は全てライカM10で撮影しています。

ライカ京都店が2014年3月にオープンした際に、ご縁があってコンセプトムービーを制作させていただきました。その際に、ライカの物作りの考え方に共感し現在は写真のほとんどをライカで撮影しています。始めてライカで撮影した写真を体験した時の高揚感は今でも忘れられません。

Where did you shoot this series and why?

I shot at the Kiyomizu-dera Temple and a tea shop in Gion. The reason I chose these locations is because of the indirect way, in which the light enters from the uniquely Japanese design of the garden, fitted what I wanted to express.

今回の作品はどこで撮影されましたか?また、なぜこの場所を選ばれたのでしょうか?

京都の清水寺と祇園町にあるお茶屋さんで撮影しました。

日本建築独特の庭から間接的に入る光が今回の表現に適していると思ったためです。

Your series has a mystic feel to it, which is very fitting for the setting you chose. What was the story you wanted to tell with your pictures?

A sense of naturalness

Communicating thoughts and passion

Adding my own unique touch

These are the three elements I always keep in mind when shooting. I try to create opportunities through photographic experiences, and a chance for people to be happy.

須藤さんの作品はいずれも神秘的な雰囲気を醸し出しており、須藤さんがチョイスされたものに非常にマッチしているように感じます。これらの作品を通してどのようなことを伝えたいですか?

自然であること

想い、情熱を届ける

自分らしくあること

この3つの姿勢を大切にしながら写真を撮影しています。

写真体験を通じてきっかけを作り出し、喜んでもらえることを目指しています。

Which camera did you use and why?

I used the Leica M10. It has a gentle way of depicting subjects and a wide range of tones, and I thought I could make use of the beauty of the Thambar’s characteristics.

今回はどのカメラを使用して撮影されましたか?また、その機種を選ばれた理由は何ですか?

ライカM10を使用しました。

描写が優しく階調も広いためタンバールの特性を美しく表現できると考えました。

The soft-focus is a completely unique feature of the Thambar. How did you go about working with it, compared to a standard sharp-focus lens?

Normally I use a Summilux 50mm, however, I pay particular attention to how highlights are depicted. Because the effect changes when using the aperture on the Thambar, I can find the most beautiful effect and then determine the exposure. It’s important to quickly find a soft effect that pays homage to the atmosphere of a scene.

ソフトフォーカスはタンバール独特の効果です。一般的なシャープなフォーカスレンズと比較し、撮影作業にどのような違いがありますか?

通常ズミルックス50mmをよく使いますが、ハイライトの描写には特に気を遣います。タンバールは絞りによって効果が変化していくので一番美しい効果を見つけて露出を決定します。場の雰囲気を尊重したソフト効果を素早く見つけることが大切ですね。

The romantic aesthetic of your pictures comes across very well. Do you think that the analogue effect the Thambar provides could be replicated digitally?

The atmosphere and lighting in a scene are completely unique to that moment. I don’t believe it is possible to recreate that effect in post-processing.

須藤さんの作品からはロマンチックな美しさが強く伝わってきます。タンバールが生み出すアナログ的な効果をデジタルでも再現できると思われますか?

場の空気と光は一期一会。

後処理での再現はほとんど不可能だと思います。

Did you use the extra soft-focus filter while shooting this series? If so, what were the advantages you noticed?

I didn’t use one this time, but I believe it has the possibility to enhance the effects of the lens even further.

今回の撮影では付属のソフトフォーカスフィルターを使用されましたか?使用された場合、その際にどんなメリットを感じられましたか?

今回は使用しませんでしたが、より多くの効果を生み出せると可能性を感じました。

The bokeh effects outside the depth of field react wonderfully with natural light. How much were you able to work with the light, while shooting indoors with the Thambar?

I selected indirect light and avoided direct sunlight. Doing this made it possible to capture characteristically Japanese soft shadows.

タンバールのボケ効果が自然光で美しく表現されています。同レンズを使った屋内での撮影では、光をどのように意識され利用されましたか?

直射日光を避けた間接光を選びました。日本らしい柔らかい陰影で表現しました。

How would you rate the potential of the Thambar as a creative tool overall?

I believe this is a lens that creates a new view of the world. It provides a wide range of possibilities for capturing light.

タンバールはクリエイティブなツールとしてどう評価されますか?

一つの新しい世界観を作り出せるレンズだと思いました。

光の捉え方にたくさんの可能性を与えてもらえます。

Despite the iconic soft-focus aesthetic created by the Thambar, you also have shots, which capture very fine details. At what apertures did you shoot?

I shot at my favorite f2.6 for these images.

タンバールには独特な美しさを表現するソフトフォーカス効果がありますが、須藤さんは繊細なディテールまで描き出す写真も撮影していらっしゃいます。どの絞り値で撮影されたのでしょうか?

今回の撮影で一番好きな絞りはf2.6でした。

Do you normally shoot with a 90mm lens? What do you see as the advantages of using a greater focal length?

I use the comparatively lightweight Summarit 90mm. It depicts details accurately with a clear viewpoint.

須藤さんは90mmのレンズで撮影されることはよくありますか?焦点距離が長めのレンズを使用するメリットは何だとお感じになりますか?

比較的軽量なズマリット90mmを使用します。

ディテールを精密に描写し、視点を明確にさせます。

The Thambar doesn’t have f-stop clicks and could be described as a very smooth lens to use. How was the experience of shooting with the Thambar for you?

The absence of a clicking sound made shooting more intuitive, helping me to focus on photographing.

タンバールには絞りのクリックがなく、スムーズに使用することができます。タンバールを使った撮影はいかがでしたか?

クリック音がないことにより、直感的に撮影でき、写真を撮ることに集中できました。

Would you recommend the Thambar to other photographers?

Yes, I would. This is a lens that can express emotion, spanning past, present and future.

タンバールを他の写真家にも勧めたいと思われますか?

はい。

過去、現在、未来を行き来できる感情的な表現ができるレンズです。

You are CEO of Discovery Go. Can you tell us a little more about your work here?

I am working on an archive of photographs and videos that capture Japanese culture, based on the theme of encounters and discoveries in Kyoto and on temples and shrines.

http://discovery-go.jp

The five-year Kiyomizu-dera temple archive “Feel Kiyomizudera“ is a project, which captures photos, videos and sounds of the current state of the Kiyomizu-dera Temple, communicating aspects that have remained virtually unknown until now. Live each precious moment. Taking into account the essence of the Kiyomizu-dera Temple, which holds a fond place in the hearts of many in its long history as a sacred place of Kannon, this project attempts to connect the historical narrative to future generations.

須藤さんは株式会社ディスカバリー号の代表でいらっしゃいますが、須藤さんのお仕事について少しお教えください。

京都を拠点とし出会いと発見をテーマに寺社仏閣、日本の文化を写真と映像でアーカイブしています。

http://discovery-go.jp

5年間続けている清水寺のアーカイブ 「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクトは、これまであまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像、音で記録する活動です。

一瞬を大切に今を生きる。長い歴史のなかで観音霊場としてたくさんの人々に親しまれてきた清水寺の本質を見つめ、歴史のなかで紡がれたさまざまな想いを未来へとつなぐために活動しています。

Do you have a project you are working on now? Do you have any exciting plans for the future?

I believe there is beauty in the harmony between human agency and nature. My goal is to continue searching for the nature of the Japanese people and deliver experiences through photographic art.

現在手がけているプロジェクトはありますか?将来に向けたエキサイティングな計画などはありますか?

人間の営みと自然の調和にこそ美しさがあると考えます。

本来の日本人らしさを探求し、フォトアートを通じた体験を届けていきたいです。

 

You can see more of Kazuya Sudo’s photography on his Instagram.

(Visited 5,826 times, 1 visits today)

Submit a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *